頭皮のにおいしてませんか?忘れがちなキャップのお手入れ方法と汗じみ対策を紹介します

服装のワンポイントになって使い勝手のいいキャップは、若い世代を中心に根強い人気を誇っています。今シーズンは日差しが強い春・夏に限らず、コーデュロイなど冬素材のものもよく見かけましたよね。

おしゃれアイテムとして確固たる地位を確立しているキャップですが、洗い方が分からずに使ったあと放置している人も多いのではないでしょうか?

キャップは頭皮やこめかみに密着するため汗染みや皮脂汚れが付きやすく、放っておくと嫌なにおいの原因になってしまう可能性があります。女性の場合はファンデーションや日焼け止めなどの化粧品もが付着することも。

この記事では意外と知らないキャップのお手入れ方法と汗じみ対策を紹介します。

キャップの洗い方

キャップにも様々な種類や素材があってそれぞれ扱い方が少しずつ違うため、まずは洗濯表示をしっかり確認することが不可欠です。

洗濯機より手洗い

一般的にポリエステルや綿などは洗濯機で洗える素材だと言われていますが、帽子の中には洗濯表示が付いてない製品もよくあります。

私も以前洗濯機に帽子を入れて通常通り洗ったところ、型紙と生地がずれてシワになってしまいました。型崩れを防いで長持ちさせるにはやはり手洗いが適しているように感じます。

帽子全体を洗う場合

目立った汚れは無くても全体が黄ばんできたり、頭皮のにおいが移ってしまったりしたときは丸洗いしてしまうのがおすすめです。

おしゃれ着用洗剤を使うことで、必要以上のダメージを与えるのを防ぐことができます。

  • STEP1
    洗面器にぬるま湯(30℃前後)とおしゃれ着用洗剤で作った洗浄液を用意する。
  • 帽子を洗面器に入れ、優しく押し洗いする。振り洗いでも可。
  • STEP3
    ぬるま湯を張り替えて泡をしっかりすすぐ。
  • STEP4
    乾いたタオルで水分を拭き取る。
  • STEP4
    帽子の型を保ったまま、風通しのいい場所で陰干しする。

帽子の型崩れ防止のためによく使われるのが、調理用のザルやペットボトルです。頭にかぶせるようにして、クラウン部分をふんわり保ちながら乾かすことができます。

部分汚れを落とす場合

あまりに短いスパンで丸洗いを繰り返すと型崩れや色落ちの原因になってしまうかもしれません。化粧の付着や汗染みなどの部分汚れに直接アプローチすることで、劣化が早まるのを阻止しましょう。

  • STEP1
    ブラッシングをして表面の汚れを取り除く。
  • 汚れが気になる部分におしゃれ着用洗剤を適量かける。
  • STEP3
    軽く濡らした歯ブラシでこすり、汚れを浮かせる。スポンジを使ってポンポンとたたき洗いしてもOK。
  • STEP4
    ぬるま湯でしっかりすすぐ。
  • STEP4
    乾いたタオルで水気を拭き取り、風通しのいい場所で陰干しする。

洗剤だけでは汚れが落ちにくい場合は、漂白剤を直接塗布してぬるま湯に約30分浸しておくと手入れしやすくなります。

おすすめ汗染み予防

個人的には前髪が汗で濡れてしまうのを避けるために私服で帽子はかぶりませんが、学生時代は体育の授業で着帽必須。これが暑がりにとっては大変で、自分なりにいろいろな汗対策を試してきました。

一定の効果がみられた汗染み予防方法をいくつか挙げてみます。

汗防止テープを仕込む

つばとクラウンの境目はキュッと締め付ける感じがあり、生え際にかいた汗も一際目立ちやすいですよね。

クラウンって?
頭にかぶる部分。一般的に5〜6枚の布を縫い合わせて構成される。

つばの汗対策におすすめなのがドラッグストアや100均で売られている布製テープ(キャップライナー)です。帽子のサイズに合わせて切り取り、つばの内側にシールで貼り付けることができる優れもの。

皮膚に触れる部分は不織布で気持ちよく、シールのおかげで汗を裏面に通しづらくなっています。リーズナブルなので使い捨てできるのも嬉しい。

涼しい素材を選ぶ

個人的に帽子の素材は汗の目立ちやすさを左右する重要なポイントだと思っています。汗っかきの私もお世話になったのが以下の2つの素材です。

  • メッシュ
  • パイル(タオル地)

帽子の中はどうしても高音になりやすく、空気の通り道を作らないままだと汗は止めどなく流れてきます。クラウンの半分が後頭部にかけてメッシュ素材になっているものは通気性もよく快適です。

また、パイル地をメインに使った帽子も吸水性・速乾性に優れていて使いやすいと思います。見た目にも涼しげでこれからの暑い季節にぴったりですよ。

汗が目立ちにくいのはモノクロ

汗をかきやすい人にとっては帽子の色選びも使い心地の鍵を握ります。汗じみが目立ちにくいのは、ずばり白黒と紺。

反対に、濡れたときに色が濃く出て目立ってしまうパステルカラーは避けたいところです。私自身も帽子や服を買うときはモノクロを中心に選ぶようにしています。

まとめ

これからの季節、海やフェスなど帽子が活躍する機会がたくさん。アクセサリーの一部だと思ってお手入れを怠っていると嫌な汚れやにおいが残ってしまいます。

着用後の定期的なケアで頭皮とキャップを清潔に保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です