食事制限は口臭の原因?ダイエットが原因で起こる身体のにおいを解説します

いくつになっても女性の話題の中心にあるダイエット。私も高校や大学の同級生と集まると美容やダイエットの話で持ちきりです。最近は糖質制限に取り組む人が増えていて、スーパーやコンビニでも関連商品をよく見かけますよね。

実は私も一時期極端に炭水化物を怖がっていた時期がありましたが、結果的に上半身が貧相な身体になった挙句、見事にリバウンドしてしまいました。

元をたどれば、糖質制限は糖尿病患者のための食事療法の1つ。健康的な状態の人が自己流で極端な方法はとることは危険で、日本糖尿病学会もダイエットとしての糖質制限には懐疑的な姿勢を示しています。

やりすぎは危険!糖質制限が口臭を引き起こす3つの原因を解説

幸いなことに私は未経験ですが、無理な食事制限が引き起こす弊害として「ダイエット臭」という症状もあるそうです。この記事では特に女性が注意したいダイエット臭について解説します。

「ダイエット臭」とは

「ダイエット臭」とは汗・体臭の治療に定評のある五味常明氏によって提唱された言葉です。その名のとおり、ダイエットがきっかけとなって口臭や体臭がキツくなってしまうことを表します。

参考 ダイエット臭のメカニズム五味クリニック

急激な食事制限によるリスク

「痩せ」志向が強いと言われる日本人女性(1)は、誤った方法でダイエットをしてしまうことも少なくありません。

実際、私の周りにいる20代前半の友人たちの中にも食事を抜いたりサラダやスープなどの低カロリー食材のみを口にしたりと食事制限だけで体重を減らそうとしている人は多いです。

確かに食事量を減らせば短期間で体重を落とすことが可能ですが、その中身はほとんどが水分と筋肉。私のように理想の体型とは程遠いバランスの悪い身体になってしまいます。

基礎代謝の低下がにおいを引き起こす

極端な食事制限によって1日の摂取カロリーが減少すると、身体は基礎代謝を下げることでエネルギーを温存しようとします。さらに、栄養不足によって筋肉が落ちてしまっているために代謝の効率も悪くなり、脂肪を燃やしにくい身体ができあがってしまうのです。

目先の数値だけにとらわれて無理な食事制限をしてしまうと、その後もツケを払い続けることになってしまいます。短いスパンで摂取カロリーを抑えて減量できたからといって、一生その食事内容を続けていくことは不可能です。

ダイエット臭の3つの段階

五味先生によれば、ダイエット臭には食事制限の過程に応じて3つの段階が存在するそう。

第1段階:脂っぽいにおい

食事制限によって燃料が不足したとき、私たちの身体は蓄積されていた中性脂肪を燃やして脂肪酸に分解します。本来なら脂肪酸は「TCA回路」と呼ばれる代謝経路に運ばれてエネルギーを生産しますが、ダイエット中の代謝が低下した状態ではTCA回路の回転が鈍り脂肪酸が燃焼しきれないそう。

TCA回路(クエン酸回路)とはH. A. Krebsにより提唱された、糖、脂肪酸、ケト原性アミノ酸の炭素骨格を酸化する代謝経路。

日本薬学会 薬学用語解説-「クエン酸回路」より引用

余って血液中に溶け込んだ脂肪酸が汗や皮脂と一緒に体外に排出されることで、脂っぽいにおいが生じてしまうのです。

第2段階:アンモニア臭

過度な食事制限は血の巡りにも影響します。血行が悪くなると末梢の筋肉組織や脂肪組織に十分な酸素が行き渡らなくなることに。

酸素が不足した状態ではTCA回路からのエネルギー獲得が難しくなるため、「解糖系」という別の経路からエネルギーを作り出します。この過程で生成される乳酸には汗腺中にアンモニアの分泌を増加させるはたらきがあり、ツーンとした体臭の原因になるそうです。

第3段階:ケトン臭

第1段階で説明したように、代謝が低下すると血中の脂肪酸が増加します。TCA回路内で燃焼しきれなかった脂肪酸はケトン体と呼ばれる物質と合成。果物が腐敗したような悪臭を放つようになります。

ケトン体とは、アセト酢酸、3-ヒドロキシ酪酸(β-ヒドロキシ酪酸)、アセトンの総称。脂肪酸ならびにアミノ酸の不完全代謝産物である。

Wikipedia-「ケトン体」より引用

ケトン臭は糖尿病患者にもよくみられる症状で、呼気のみならず汗や尿を通して体の外へ排出されるそう。

一般的に第1段階で生じる体臭は微かなものですが、第3段階にまで達すると他人にも気付かれるほどの強いにおいになると言われています。

まとめ

不確かな情報を元にした食事制限は、においをはじめ身体に悪影響を及ぼすことも考えられます。食事と運動のバランスを意識した健康的なダイエットでじっくり自分と向き合うことが大切です。

ダイエット臭の3つの段階
  • 第1段階:脂っぽいにおい
  • 第2段階:アンモニア臭
  • 第3段階:ケトン臭

参考リンク

1. 多川真澄・西川武志ほか(2000)「体型認識とセルフエステイームとのかかわり」『学校保健研究』42(5), p.413-422

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です