除菌と乾燥がポイント!梅雨どきに気になる部屋干しの生乾き臭を予防する5つの方法

この春、引越しをきっかけに1人暮らし用の洗濯機を買い換えました。比較的リーズナブルな縦型洗濯機を選んだのですが、乾燥機能がいまいちで5時間もかかってしまうことに…

さすがに電気代が心配なので自分で干すことにしましたが、大通りに面しているマンションなのでベランダに洗濯物を出す訳にもいかず部屋干しをしています。

特に雨の日はとにかく乾くのが遅く、完全に乾燥する前に酸っぱい汗のような悪臭よく発生してしまうのです。

この記事では部屋干しが臭いやすい原因とにおい対策を紹介します。上手に部屋干しして数ヶ月先に迫っている梅雨シーズンを乗り切りましょう。

部屋干しが臭いやすい原因

部屋干しした服が臭くなってしまうのには、着用を繰り返したことによる汚れの蓄積と菌の繁殖が関係しています。

服に皮脂やたんぱく質が付着

私たちは知らず知らずのうちに日常生活でも汗をかいているそうです。皮脂やたんぱく質、肌の角層などを含んだ汗は服に吸収され、洗濯をしたとしても少しずつ汚れが溜まっていきます。

こういった汚れを同じく服に移った皮膚上の常在菌が分解することで、不快なにおいが発生するのです。

濡れた洗濯物に菌が繁殖

常在菌は誰にでも存在するものですが、濡れた洗濯物のように湿った場所は菌の大好物だと言われています。

加えて梅雨は特に気温も高くなり始める時期なので菌が繁殖しやすく、においが強くなってしまいます。

生乾きのにおいは足の裏と同じ?

洗濯物の生乾きはカビや雑巾など、いろいろな悪臭に例えられますよね。

こういった例えはあながち間違いではなく、「部屋干し臭」がついた服には硫黄化合物や短鎖脂肪酸、中鎖アルデヒドなど複数のにおい成分が含まれていることが明らかになっています。

  • 硫黄化合物:腐った卵のにおい
  • 短鎖脂肪酸:酸っぱいにおい
  • 中鎖アルデヒド:カビ臭いにおい
  • イソ吉草酸:足の裏のにおい

中でもイソ吉草酸(きっそうさん)は汗や足、納豆などにも入っている悪臭の代表的な成分です。

部屋干しのにおいを防止する方法

部屋干し時の不快なにおいは、汚れの蓄積と菌の繁殖が主な原因であると説明しました。においを防止するためには「除菌」と「乾燥」の2つのポイントが肝になります。

部屋干し用洗剤を使う

一般的な洗濯用洗剤にも除菌成分は含まれていますが、さらに多くの除菌・抗菌成分を含んでいるのが部屋干し用洗剤です。先日ドラッグストアに足を運んだところ、大手の洗剤ブランド3〜4種の部屋干し洗剤を見かけましたよ。

ただし、アルカリ性成分や漂白剤によって洗浄力が強くなっているので洗いすぎには気をつけてくださいね。

酸素系漂白剤でつけ置き

においがしぶとい服には酸素系漂白剤が便利。私自身は花王のワイドハイターを愛用していて、全体的に臭いが気になる場合はつけ置きで対応しています。

  • STEP1
    ぬるま湯(30℃前後)1Lとワイドハイター10mlを溶かした洗浄液を作る。
  • STEP2
    においが気になる服を30分程度浸す。
  • STEP3
    そのまま通常どおり洗濯する。水ですすいでもOK。

においを除去したいからといって長時間つけすぎると、服が傷みかねないので注意してください。

除湿機・エアコン除湿

菌が増えるのを防ぐためには、なるべく短時間で洗濯物を乾かすことが重要です。特に梅雨どきは何もしなくても家の中がジメッと湿っぽくなりますよね。

除湿機を使って部屋と洗濯物の湿度をまとめて取り除いてしまいましょう。除湿機が無い場合は、エアコンに付いている除湿モードでも十分な効果があるのでお試しあれ。

浴室乾燥機を使う

私もたまに使っているのがお風呂場についている乾燥機です。通常は入浴やシャワーの後に浴室を乾燥させてカビを防ぐために使われますが、洗濯物を干すのにもなかなか便利。

リビングや寝室などと比べて狭く、効率よく乾燥した空間を用意することができます。お風呂に入った直後だと水滴や湿気が残っていて乾燥に時間がかかってしまうので、服を干すなら朝や日中などの使用頻度が低い時間帯がおすすめです。

乾きにくい服は干し方を工夫

生地が薄く縫い目の重なりが少ないTシャツやブラウスなどは比較的干しやすいのですが、ジーンズなどのボトムスは折りたたむようにハンガーにかけてしまうと乾くのに時間がかかってしまいます。

特にベルト部分は分厚く、生乾きのにおいがすることもしばしば。円状に洗濯バサミが付いたハンガーを使って風の通りをよくすると、かなり悪臭が改善されます。

乾きにくい服は形に合った干し方を考えてみるのが大切です。

まとめ

これからの梅雨に向かって部屋干しのにおいに悩まされる人も増えてくるはず。「除菌」と「乾燥」の2つのポイントを意識して嫌なにおいを予防しましょう。

部屋干し臭を予防する5つの方法
  • 部屋干し用洗剤を使う
  • しぶとい汚れには漂白剤
  • 除湿機を使う
  • 浴室乾燥機を活用する
  • 形状に合わせて干し方を工夫

参考リンク

1. 松永聡(2005)「日常生活におけるにおい対策 日常生活における洗濯衣料の部屋干し臭とその抑制」『におい・かおり環境学会誌』36(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です