足裏は細菌が繁殖しやすい:スリッパのにおいの取り方&予防方法を紹介します

最近引っ越しに合わせてスリッパを新調しました。履くのは家にいるときだけなので激しい動きをするわけでもありませんが、意外と足は臭くなってしまうもの。

特に冬の間に履いていたボア素材のモコモコスリッパは最悪のにおいを放っていました。

家を快適に保ってリラックスできる空間をつくるためには、スリッパの消臭が欠かせません。この記事ではスリッパのにおいの取り方と予防方法を紹介します。

スリッパのにおいの原因

家の中で履いているスリッパのにおいが気になっている人も多いのではないでしょうか。実は、足は身体の中でも臭いやすい部位の1つと言われています。

足には汗腺が多い

私たちに存在するのは「エクリン腺」「アポクリン腺」の2つの汗腺。

手のひらや足の裏に多く分布すると言われているのがエクリン腺で、主に体温調節の機能を担っています。緊張したときにかく精神的な汗や辛いものを食べたときに出る汗も、同じくエクリン腺由来のものです。

エクリン腺から出る汗は90%が水分で構成されているため汗自体は臭いませんが、皮膚上の常在菌が汗を分解することでにおいが発生します。

スリッパの中は蒸れやすい

細菌によって汗が分解されることで、足の嫌なにおいが発生すると説明しました。特にスリッパや靴などの履物を履いているときは要注意。

空気の出口が少なく熱や湿気がこもりやすい環境は、菌にとっては好都合なのです。服と違い洗濯の頻度も少ないため、蓄積された汗や汚れがにおいを悪化させることも考えられます。

水虫のリスクも

また、スリッパを履くときに気をつけたいのが水虫です。私も爪水虫の経験がありますが、最終的には爪がポロッと取れてしまうという恐ろしい事態を招いてしまいました。

20代女性でも水虫になります:私が実際に試した爪水虫の治療・予防方法を紹介

においの予防はスリッパの清潔を保つことと深く関係しています。足の健康のためにもスリッパの消臭・殺菌を意識することが大切です。

スリッパのにおいを取る方法・予防

私は足汗をかきやすい自覚があるので、スリッパの手入れは定期的にするようにしています。

季節にもよりますが、これから梅雨のシーズンに突入するのでこまめな消臭をするのがおすすめです。

天日干しで殺菌する

紫外線には細菌を減少させる効果があると言われています。特に太陽が高い位置にくるお昼前後(10〜14時)は紫外線量が多く、殺菌効果が高まるんだそう。

しっかり太陽に当てることで乾燥もでき、スリッパを菌が繁殖しづらい状態にすることができるのです。

参考 天日干しの殺菌効果フジテレビ商品研究所

重曹スプレーをかける

なかなか洗ったり干したりの時間が取れない人には重曹スプレーが便利です。重曹がもつアルカリ性の性質は皮脂に代表される酸性の汚れに効くと言われています。

作り方は水200mlに対して市販の重曹を小さじ2杯分混ぜるだけ、とかなり簡単。毎日寝る前にシュッとする習慣をつけておけば、足のにおい予防になりますよ。

靴下を履く

においを防ぎたいなら素足でスリッパを履くことは避けましょう。足の裏から分泌された汗や皮脂などがそのまま吸着されてしまうと、悪臭が発生しやすくなってしまいます。

また素足はスリッパの履き口で擦れやすく、菌のエサとなる角層を増やすことにもなってしまうそう。靴下を1枚挟んでおくだけでにおいの原因を減らすことができますよ。

つま先開きスリッパは通気性◎

スリッパのつま先部分は密閉されていて、あまり空気が通らないのが難点です。におい予防にとって通気性の良さはかなり重要なポイント。

特に蒸れやすい指の間に熱がこもらないように、つま先が開いたスリッパを履くのがおすすめです。

私も半年に1回ほどスリッパを買い換えていますが、特に春〜夏にかけては絶対につま先開き派!臭ってくるスピードが格段にゆっくりになりました。

竹スリッパは臭いにくい

もう1つ夏用のスリッパで気に入ったのが、竹素材のもの。足のにおいも気になりにくく、新緑のような爽やかな香りがするところがお気に入りです。

布やビニールと比べ汗をかいても湿ったような感覚がないので、長時間履くのにも適しています。履いたときに足裏が竹に当たって少しひんやりするのも気持ちいいですよ。

まとめ

リラックスしている状態とはいえ、知らず知らず家の中でも足汗はかいています。放っておくとスリッパから悪臭がしてくることも。

除菌・消臭でスリッパを清潔に保ちましょう。

スリッパの嫌なにおい取り・予防
  • 天日干しで殺菌する
  • 重曹スプレーをかける
  • スリッパは靴下を履いてから
  • 通気性良好なつま先開きスリッパ
  • 竹スリッパは臭いにくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です